毒親から卒業しよう

毒親から
卒業しよう

毒親育ちのママたちよ
お母さんより幸せになっていい。


この投稿は反響が大きかった。
たくさんのメッセージや
コメントをいただいた。

中でも印象に残った
メッセージを紹介したい。

ようこさんの投稿に
心が救われました。


私は孫もいる60歳です。
今から思えば毒親で育ち。
母親の思い描いているレールを
踏み外したら泣かれるので、
結婚して50歳になるまで、
母親の言う通りに生きてきました。


残りの人生は、

自分の幸せのために生きようと思い、
疎遠になりました。

そうは言いつつも、一日たりとも
母親のことを忘れたことはありません。
母親を捨てた私は、
幸せになってもいいのだろうか?

孫との笑顔の時間。
私は親を見捨てているのに、

笑っててもいいのだろうか?
青空は幸せの象徴に見えて嫌いで、
私はこの空を見る権利が

あるのかなって。

自分を責める毎日でした。
ようこさんの投稿に涙しました。
心が救われ気持ちが和らぎました。

この投稿を支えに、

前向きに生きていこうと思います。
生きててよかった!
本当に感謝しかありません。


このメッセージを読んで、
救われたのは私のほう。
「想いが届いたんだ」って
すごく嬉しかった。

毒親と言われる人たちもさ、
そうなりたくてなったわけでは
ないと思う。

ただ、知らなかっただけなんだよ。
助けてと言えば周りに
助けてくれる人たちがいたことを。

その勇気が持てなかったんだよね、
きっと。
それは親自身の育った環境や
時代の背景もあったと思う。

同じように毒親に育てられて、
途中で、あれ?
私誰のための人生生きてるんだ?って
気が付いて軌道修正した人
たくさんいると思う。



その方たちに伝えたい。

「捨てた」のではないよ。
「卒業した」の!!!


「親離れ」したの!!
本来であれば20歳くらい?に
するはずだったことを、今、しただけ。

目の前の幸せを、大事にすればいい。
親は親で文句言いながら勝手に
生きていくから大丈夫。

「お疲れ様、今までありがとう!
あなたのおかげで、これから知らない
世界の美しさを、青空のきれいさを
この歳で改めて感じることができます。
毎日子どものようにワクワクします!
私は私の人生を自分の足で
生きていくね。」

で、いいと思う。





勇気を出したあなたに。
大好きな「贈る言葉」の
歌詞のフレーズを贈りたい。

悲しみこらえて微笑むよりも
涙かれるまで泣くほうが良い
人は悲しみが多いほど
人には優しくできるのだから


たとえ卒業しても同じ空の下、
生きていることには変わりない。
捨てたのではない、卒業したの。

胸張って前を向いて、
生きていってほしい。

生きててくれてありがとう。
産まれてきてくれてありがとう。

https://room.rakuten.co.jp/room_0f05ce7d18/items

この記事を書いた人